行ってみたいのは何を作る農家さん?

農業体験でボラバイトに行こう!はじめての農業、不安なこともあるかもしれませんが、ここで農業のイメージを膨らませてみましょう。
どんな食物を扱うかによって作業は変わってきます。
ボラバイト先を決める前に、まずは農家さんのお仕事をチェック!

自然の恵みを受けて生きていく

外に出よう!身体を動かして働こう!青空の下で、今日も頑張っている農家さんがいます。
土に触れて、風を感じて、作物を作る楽しさを味わってみましょう。

農業ボラバイトで最も多いのが野菜を作っている農家さんです。
数種類を時期をずらして生産している農家さんが主流のようですが、
中には40種類以上の野菜を作っている農家さんもあります。
作業は草取りなどの手作業や、重たいものを運ぶ重労働。またある時は、
出荷の袋詰めなど、細やかな作業がある場合もあるようです。
作業は多岐にわたりますが、自分たちの野菜で作る食事は何よりも美味しい!

私たちが毎日食べるお米。九州から北海道まで、全国で500種類以上の米が作られているんですよ。
トラクターなどのおかげで、昔より早く・効率良くできるようになったことと、米作りの研究の積み重ねによるものです。
雪が解け出す春から、稲のもととなる苗作りや田んぼを耕す作業が始まります。毎年変わる気候に合わせて、肥料や水の調整をします。
太陽の光をたっぷり浴びた米が収穫されるのは秋です。お米一粒の裏側を体験してみましょう。

人生の様々なイベントで気持ちを表現したり、日常生活を彩る、花。農業では、花卉と呼びます。
花卉には、切り花として出荷するもの、鉢植えとして出荷するもの、苗物として出荷するもの、花木類、球根として出荷するもの、芝などの地面を覆う植物など、多くの種類があります。
花は暖かくないと育たないので、ハウス栽培や夏空の下での作業もあります。
毎日みていた花が咲いた時の感動は、体験した人だけが感じられる喜びです。
一方、苗を作る農家さんでは、接ぎ木の作業など、細かい作業も出てきます。
野菜や花を作る農家や家庭菜園で育つ赤ちゃんを育てる大事な仕事です。

桃、ぶどう、さくらんぼ、蜜柑、りんご、メロン、柿…日本列島は南北に長く中山間地域が多いため、実に多様な果物の栽培ができる、
まさにフルーツ王国です。
きれいに大きく育てるための世話は細やか。枝を切り、受粉、実を間引きさせます。
甘くて柔らかい果実は、虫や傷がつきやすく、日々の観察と手入れが欠かせません。
収穫も、丁寧に扱わないと出荷できなくなってしまいます。
丁寧に育てた果実の収穫は、一年で一番嬉しい時期です。