南の島ボラバイト

島国大国・ニッポン。6852もの大小様々な島が存在します。農業を主幹産業としている島も少なくありません。
周りを海で囲まれる島では、外界との接触が限られている分、独自の自然や文化をもっています。
今回紹介する3つの島には、ちょっと遠いけど、時間をかけてでも行く価値のあるボラバイト先さんが待っています。
これから忙しくにぎわう島の農業。流れる時間はいつも優しく、あたたかい。

最新情報

日本列島よりもずっと南にある離島では、一年を通して薄着で過ごせる暖かい気候。
冬でも寒さ知らずの快適さが嬉しい。

奄美諸島の「ボラバイ島」、沖永良部島

花とじゃがいもの生産が盛んな鹿児島県の離島。
ボラバイトが始まった当初から受け入れてくれている農家さんが多く、
ボラバイトになじみのある島でもあります。
そのまま沖永良部に住み着いちゃった人、毎年定期的に働きに来る人、
そして、皆を迎えてくれるボラバイト先さん。
行ったらまた”帰りたくなる”―そんな沖永良部島の魅力とは?

    • 白い砂浜と海!
    • 赤土のじゃがいもは、
      全国に先がけて2月に収穫します
    • 幻想的な電照菊の畑。
      明るくしているのは、
      開花の時期を調整するため。
    • 島から全国に届け!
    • 一つずつ手作業で種芋をまきます
    • 沖永良部には
      日本一のガジュマルがあります

手つかずの自然に出会いたい 南大東島

沖縄で一番東にある南大東島。
隆起サンゴ礁の島で、高さ10〜20mの断崖絶壁に取り囲まれています。
八丈島の人が開拓したため、八丈島と沖縄の文化が入り交じった独自の風土が根付く島。
手つかずの自然がたくさん残っています。
時間あれば島をぐるっと一周ドライブできる程のコンパクトな島には、
明るい農家さんが待っています。

    • 船で来ると、クレーンが陸揚げ。
      到着からすでにワクワク
    • 島の中心はサトウキビ。
      こんなに背が高いんです
    • 完熟した甘みのある「冬カボチャ」。
      沖縄の新しい特産品です
    • 強風の日は、崖に打ち寄せる
      大波のスリルを味わってみる?
    • 野生のシークヮーサーに大興奮!
    • 大池ではカヌーやボートに乗ってみよう

沖縄の文化をぎゅっと 石垣島

沖縄で3番目に広い石垣島。
直通の飛行機が多く、アクセスも良好です。
観光地としても人気の島ですが、パインやマンゴー、サトウキビや和牛など、
農業も盛んに行われているんですよ。
冬でも沖縄特有の綺麗な海を楽しみたい方にもおすすめです。

    • マンゴー!暑い夏の時期に収穫します。
    • 南の島らしい果実いろいろ
    • パイン畑に青い空!
    • ハウスでは春から
      ゴーヤやズッキーニも作っています
    • 名蔵アンパルでは
      マングローブ林が見られます
    • シュノーケリングやダイビングは
      年中体験OKだそうですよ!

ボラバイターの島ライフ!

    • いつも人が来る度に歓迎会を開いています
    • お昼ごはんは、
      鯨やウミガメが見られるスポットで
    • ボラバイト先さんの家で沖縄唄のライブ♪
    • 泥んこになっても、笑っちゃう
    • えっ、本当に!?
    • 浜辺がない南大東では、
      崖の上から釣りができる!