体験談

私は小さい頃から漠然と酪農に対して憧れを抱いていました。よく観光牧場に行って乳搾り体験などはしてきましたが、それだけでは物足りず、「酪農の仕事をやってみたい」と思い応募するに至りました。

大学1年の夏休み、特に何もせずダラダラ過ごすくらいならと思いきって1ヶ月行くことにしました。最初の1週間ほどは仕事を覚えるのに精一杯でたくさん注意を受けたりもしたので辛いという気持ちの方が大きかったです。それでも他のボラバイターさんと喋った時間やおばあちゃんの美味しい料理を食べた時間、仕事の合間に子牛とふれあった時間など、たくさんの楽しい思い出に囲まれて1ヶ月あっという間に過ぎて行きました。こんな有意義な夏休みは初めてでした。

最後になりますが、知識も経験もほとんどない私を受け入れてくださったばかりか、衣食住全てのお世話をしてくださった牧場-bftaさんには本当に感謝しています。ありがとうございました。またいつかお手伝いに伺いたいです。