体験談

  • 女性(22歳)
  • 2017/5/4〜5/6
  • キャンプ-vrj【長野県】
大阪から、3日間のみの勤務。到着は当初の予定よりも遅く、出発は当初の予定よりも早い
(帰阪のアドバイスをいただき、チケットの手配までしていただきました。)
常識では考えられないスケジュールでのボラバイトだったのですが、
過ごしやすい。落ち着く。また来たい。と思わせてくれる程、優しく受け入れてくださり、色々な対応に感動しました。

スタッフという立場でしたが、キャンプに来ている子供たち同様、
オーナーが発信する「素敵なことに気づけそうなヒント」を沢山受け取って、
言葉の意味を考えて、様々な影響を受け、進みたい方向に一歩前進した結果になりました。

本当に行って良かったと思います。

仕事の内容は、
次に宿泊する方が気持ちよく過ごせるようにキャビン(お客さんが泊まるところ)、トイレ(合計5箇所にトイレがあるのですが、内2箇所にはバイオトイレという、汚物を微生物の力によって分解処理する 汲み取り不要のトイレもあります!)や炊事場の掃除、またゴミの分別(びっくりするくらい細かく分別します。)受付のお手伝い、キャンプファイヤーや、夜の散歩などキャンプ場が主催するイベントのお手伝いなどです。

協力し合うところは協力しあいますが、掃除や朝ごはん、
休憩時間など、個人個人で自由に動ける時間が多い為、
働きはじめの未経験職種にありがちな、ルールと手順をきっちり習って、
慣れるまでただただ真似をするような、「作業」によって、つまらない気持ち。無感情になることはなく、自分のスタイルのまま、頭で考えて出来る「行動」が多く感じた為、汗もかくし疲れたりもしますが、コツを見つけたりするが楽しかったです。(自分の不器用さに失笑)

また、私の他の2人のボラバイターの方がいらっしゃったのですが、とっても過ごしやすい方たちでした。

ピザを焼いて食べたり、夜の道を明かりをつけずに歩いたり、キャンプファイヤーで火の神様を演じさせていただいたり、可愛いけど呼びづらいあだ名を付けてもらったり、食べ過ぎてお腹いっぱいになったり、サンダルで山を登って後悔したり、蜘蛛の巣を一生懸命とったり、トイレ掃除のコツを最終日に気づいたり、緊張したり、人見知りしてしまうことに悩んだり、どうしたら働きながらキャンプをできるのか考えてみたり、はじめて他人の料理を作ったり…

短い期間で沢山の経験を得ることが出来ました。

忙しい時期の短時間で、人見知りと緊張が抜け切る前。戦力になる前での帰阪になったので
今度訪れる際には、リベンジしたいです!

この場所が大好きになりました!