体験談

  • 男性(30歳)
  • 2017/11/20〜12/19
島での生活は最高でした。大きな空ときれいな海が心を癒してくれます。家からすぐ近くの海に仕事終わりに夕日を見に行ったり、夜には街中では見ることのできない澄んだ星空が迎えてくれます。温かく話しかけてくれる島の人、なぜか毎日15時に島全体に流れるラジオ体操など、ローカルな雰囲気を満喫できます。

仕事は農業なので多少は体への負担はありますが慣れれば問題ないですし、きれいな菊の花を扱う作業は時に心が和みます。休憩時間に飲むコーヒーと島の景色が疲れを癒してくれます。お昼休みに仕事場近くの海で泳いだこともありました。11月下旬に海に入ったのは初めてです。
仕事を通じて農業が地道な作業の上に成り立っていることを体感し、農作物へのありがたみと農業のおもしろさを知ることができました。

休みの日にはオーナーさんが鍾乳洞や島の観光に連れていってくれました。色々と気を利かせてくれるオーナーさんです。また地元の人の飲み会に参加させてもらい、島の習慣や暮らしについて色々と話を聞くことができました。滞在していた1ヶ月で島の生活の一端に触れることができ、良い経験になりました。
シェアハウスで他のボラバイターと色々な話ができたことも良かったです。大学生から同年代、主婦の方まで様々な背景を持った人たちと関われたことはすごく良い刺激になりました。

僕を含めて来ていたボラバイターの多くが初めてのボラバイトでしたが、来てみて得られるものは大きかったなぁと個人的には感じています。応募を迷われている方は、ぜひ一度候補に加えてみてください。