体験談

  • 女性(26歳)
  • 2008/3/22〜6/25
  • 花卉農園-imo【鹿児島県】
私は埼玉出身の、仕事に殺されかけていた会社員でした。

地元の農業が衰退するのを目の当たりにし、日本の農業自体に未来がないのかと愕然とする一方で、「だからこそ元気のある農家さんを見てみたい、ついでに(自分のために)海が綺麗な南の島にいってみたい!」という理由で、このボラバイト先に決定しました。

丁度私が沖永良部島についたときは、色んな花が咲いていた時期でした。
ボラバイト先でも、毎日開花した菊を収穫する作業で、色んな種類の菊の花があることが印象的でした。「仏花」だけに利用するなんて絶対にもったいない!
そんな綺麗な菊が咲き乱れていて、毎日楽しく作業しました。

また、ボラバイターも複数いて幅広い年齢層でしたが、毎晩楽しい食卓で充実していました。
こんな経験は、なかなか味わえないですよ。
たくさんのお話をしたり、一緒に食事を準備したりと、人間にとって本当に大事なことはなんだろうっていつも思っていました。

もちろん、受け入れ先の農園の皆さんはとても親切で、困ったことがあるとすぐ相談に乗ってくれましたし、私たちが仕事・生活共にしやすいような生活環境を整えてくれています。
だから安心してボラバイトができますよ。

休日には、海水浴にいきました。びっくりするような透明度の高い海、鮮やかなサンゴと大きなウミガメやたくさんのカラフルな魚たちと泳げたのは本当にいい思い出になりました。

島の人たちも大変親切です。仲良くなって、一緒にご飯をたべたり観光案内してくれたりと、とにかく親切さにびっくりでした。
人見知りな私にもたくさんの知り合いが出来ました。

そんなこんなで、島での生活そのものにすっかりはまり、ボラバイト期間を延長してしまいました。

私にとって、沖永良部島でのボラバイト生活は人生を変える転機そのものでした。

定職を捨て、見知らぬ離島に行くのはとても勇気がいりますが、それ以上に得られるものがあります。それは自分次第で限界はありません。

もし沖永良部島のここの農園に決定しましたら、ぜひ仕事だけでなく自然や人付き合いも好きになって楽しんでください。
きっとあなたの人生にいい影響を与える経験がたくさんできるはずです。