体験談

  • 男性(30歳)
  • 2009/8/15〜2010/1/15
  • 花卉農園-imo【鹿児島県】
沖永良部島で農業を中心に日々過ごす事ができたのは自分にとって良い思い出と、良い経験になりました。
夏の暑い時期〜冬の少し寒い時期のエラブでは本当に色々と楽しい事満載でした。
良い友達が出来たのはもちろん、島の人達との交流も沢山ありました。
沖永良部島の人達は、出会えばみんなと言っても良いほど話しかけてきてくれ、凄いオープンな人達だ〜って感じたのを覚えています。
夏の時期は、宿舎で作った夜ご飯を外に持ち出し、共同生活をしているボラバイターの皆と近くの公園で、波の音と満点の星空と三線の音を聞きながら、島の人達だったり、旅人達と一緒に夜を楽しんだもんです。
そして仕事が終わったあとは、農園の方たちと外でビールを飲みながら島の話を聞かせてもらったり・・・
あ〜懐かしいな〜・・・本当最高だったな〜。それもこれも全部ここの農家さんのお陰です。
農業の仕事は頭で思っているより大変な仕事ですが、仕事なんてどれも大変なもので、楽なものなんてありません。
僕は滞在中の5ヶ月間、菊と言う花に全パワーをそそいできました。毎日みんな汗だくになって働きました。
すると菊はその時期を心待ちにしていたかのように蕾にピンクや黄色などの色をつけ、きれいに咲いてくれました。感動どころじゃありません。
農業は自然を相手にしている仕事なので、もちろん順調にはいかないというか、手間隙のかかるというか、とにかく大変な仕事です。
だからこそ無事に今年も花を咲かせてくれた事に喜びを感じられるのでしょう。
広い畑と広い空の中で仕事していると色々な考えが生まれ、今までとは違う自分に出会えたような気がします。
何もかもがリラックスをくれ、何もかもがやる気をくれました。
エラブにボラバイト行こうかな〜?と考えてるみなさん!僕はここをお勧めします。
沖永良部の農業と遊びをおもいっきり満喫してください!
そしてこの農家さんがあるからこそエラブでの日々の生活を楽しめてる事を絶対に忘れないでください。