体験談一覧

  • 女性(27歳)
  • 2016/6/11〜6/22
  • ファーム-pat【三重県】

「目的」という、「ルート」の中だけでは見えてこなかった「梅ジャム」。

ここへ来た目的とは、「果樹農園の経験」でしたが、私はここで「ジャム」という新たな「関心」を芽生えさせることが出来ました。

それは、次なる「目的地の獲得」であり、これはスタート地点からは見えなかった「前方」です。

この境地とは、「一週間」という期間を「やり遂げた」からこそ達したのではないのか、とそう感じます。

この「一週間」には、雨による「寒さ」や、肉体疲労、「日常」へのホームシックなど、「もう、帰ろう」という「思い」が何度かありました。

「梅」とは、「梅酒の瓶の中にあるもの」程度の感覚でしたが、
ここでの「会話」を通じて、私は梅への 新しい感覚を持つ事が出来ました。
それは、「梅とは、ジャムにもなる」、という感覚であり、また「梅ジャムとは、プレゼントにもなる」ということです。

農 を身近に生きる方とは、作業中、「誰かを喜ばす感覚」とともにあるのではないのか、それは 雨による「寒さ」 や、肉体の疲労さえ、乗り越えられるエネルギーになっているのではないかと、そう感じました。

これからの私の人生には、様々な「目的地」があるかと思いますが、「やり遂げる」先には、「何か」があり、「作業」の中には、景色がということを忘れずこれからも前へ進んで行こうと思えました。

有難うございました。

  • 女性(27歳)
  • 2014/1/17〜1/26
  • ファーム-pat【三重県】

美味しい空気、綺麗な星空、山にも海にも近い環境・・何もかもが想像以上でした。

車で30分圏内で行ける観光スポットが沢山あって車も貸していただけるので、仕事後や休日には、熊野古道を歩いたり、千枚田を見に行ったり、星空を見たり(流れ星観測確率100%!!)、熊野市散策等・・と毎日がとても充実した時間を過ごすことができました。

仕事内容は切干大根作り(干場に大根を干す作業・回収作業)と梅の木の芝拾いでした。どれも丁寧に教えていただけるので、安心してして作業できます。
大根のびっくりする甘味、軽トラックで大根を運び入れる時の独特の匂い(大根の水分が車のマフラーの熱で蒸発してカルメ焼きみたいな甘いにおいがするんです)、干場から眺める海、どれも経験する価値あると思います。

そして何より優しく気さくで、いい意味でゆるーい(仕事を始めたら、早送りのようなスピーディかつ無駄のない動きになるので、そのギャップに最初は驚きました)社員の方々がいたからこそ、楽しい毎日を過ごせたと思います。

仕事も遊びもやるからには真剣に楽しくやりたい方、熊野の素晴らしい環境と素敵な社員さんがいるファーム-patさんでは、きっと充実した楽しい毎日が過ごせると思います。
私も機会があったらまた是非働きたいです!
短い間ですが、本当にお世話になりました。

  • 女性(26歳)
  • 2008/3/24〜5/17
  • ファーム-pat【三重県】

初めてのボラバイトでしたが、予定していた2ヶ月間、とても楽しく過ごすことができました。

生産から販売までをグループで扱う法人経営の農場だったので、働いている人も社員さん・海外の農業研修生・パートさんとさまざまでした。
農園主さんは、地域の農業関係者はもちろん、イベントなどを通しての交流を大切にする方でしたから、さまざまなお仕事の方の話を聞くことができました。

基本の農作業(施肥・草刈・田植えなど)だけではなく、名古屋で出店した朝市では売り子さんを、生き物調査イベントでは参加者のお昼ご飯の用意をしました。
農作物の生産から販売、そしてPR活動まで体験できるボラバイトはきっと珍しいと思います。

農園で働いている方や他のボラバイターの方ととても仲良くなりました。
一緒に何度もお酒を飲み、いろんな話をして盛り上がりました。
そして、せっかくの出会いがボラバイト期間終了と同時に終わるのはさみしいので、これからもミクシィで近況を報告しあうことになっています。

いろんな人生を歩んできたさまざまな人と出会うことができたことが、このボラバイトで得ることができた何よりの財産です。
「将来農業がしたい」と思うようになったばかりの私は、アドバイスや勇気をたくさんもらいました。

もし、まとまった時間がとれたら、またボラバイトしに行きたいです。
みなさん、本当にありがとうございました。

  • 女性(27歳)
  • 2008/4/26〜5/1
  • ファーム-pat【三重県】

会社勤めのため大型連休を活用してお世話になりました『チェアマン』、ボラバイター5号機です♪

私がお手伝いした内容は、こちらの農場で積極的に広めようとしている『マコモダケ』(食感はエリンギに似ていますが甘い中国野菜です)の株分け・田植え、『紫蘇』用の畝の手直しと苗植え、でした。

以前から農業を体験したいという願望があり、田んぼにも入ることができ、とても貴重な体験をしましたv(^^)v
・・・お約束どおり、田んぼに足がはまり身動き取れなくなり焦りましたが。
いい経験だぁ〜♪久々の泥んこ遊び?(笑)
(写真:田んぼ、奥は株分け済みの『マコモダケの苗』(のちに広い田んぼへ移動)、手前が株分けしたばかりのマコモちゃんです)

しっかし、『マコモダケ』の株分け作業は大変でした!
(写真:作業風景、もちろん私です♪)
だって、株は硬いし根っこはうじゃうじゃ。土もたっぷりついていて重い!
1.5日間かけて作業をしましたが、おかげさまで木槌で左甲を打って手が腫れるは、握力を使いすぎて2、3日手のひらはジンジン痛いは・・・ふぅ。
でっでも、少しでもおいしい『マコモダケ』の普及にお役に立てればうれしいです♪(^▽^)
・・・ちゃんと芽が出ればいいんだけど・・・。

『マコモダケ』は秋頃収穫できるそうです☆
その頃ボラバイトする予定の方、ぜひお楽しみに!
そして・・・是非横浜の自宅にも送ってください(笑)
てんぷらうまかったぁ〜・・・( ̄ρ ̄)じゅるるぅ

(写真:事務所横の風景とプラムちゃん♪)


私がお世話になった時は、すでに滞在中のボラバイターさん2名がいて、女性3人の共同生活でした。
同じ年代で性格も合い、一日一日上手く役割分担をしながら笑いの絶えない農業生活を送れました☆


おかげさまで農業がどれだけ大変なものなのか、以前よりは理解することができました。
こんなに農場の皆さんが頑張っているのだから、外国産ではなく国産の野菜や果物など買うことで日本の農業を陰ながら支えたいと思います。

皆さんもぜひ、こちらにボラバイトしてみてください!

農場の皆様、ありがとうございましたm(_ _)m