体験談一覧

  • 女性(38歳)
  • 2017/7/11〜7/27
  • 農園-piit【北海道】

約2週間、大変お世話になりました。
人を喜ばせたりサプライズを仕掛けるのが大好きな園長、その右腕として手腕を奮う元ボラバイターのTさん、ボラバイト仲間のSさんたち。大量のお昼御飯を作ってくれる園長のお母さん。素敵な仲間に囲まれて、ゆでとうきび(ゆでとうもろこし)を道の駅で販売する日々でした。
朝は7時から仕事が始まります。道の駅は農園から4キロ先にあります。
道の駅のオープンが9時なので、8時半くらいには道の駅に着き、お店の設置、湯沸し、とうきびの皮剥きなどの準備をします。
7時から道の駅へ向かうまでは、農園でやっているイチゴ狩りハウスのイチゴの手入れをしていました。腐ってしまったイチゴを摘み取ったり、ジャム用に使う分を収穫したり。個人的にイチゴ狩りというイベントが大好きなので、その作業に関われたのは嬉しかったです。
道の駅では、お客さまからいろいろと尋ねられることが多く、お答えするために調査したりして、自分の勉強にもなりました。
16時半くらいにはお店をお母さんにお任せして、備品を持って農園に帰ります。そして備品を洗浄したり片付けをしたりして、17時に退勤です。
園長手作りのプレハブの部屋を自室として与えられていましたので、晩ごはんはそこで自炊しました。しかし、前述のとおりお昼御飯が大量なため、夜にお腹が空いていることはあまりありませんでした。おやつをいただいたりすることも頻繁にあったため、痩せることはありません。むしろ太ったくらいかもしれない。
本州ではシーズンが終わりつつあるとうもろこし(路地もの)が、北海道ではまだこれからというギャップにも驚きました。もちろん、イチゴのシーズンも本州とは全く違います。
夜は想像以上に冷え込む日が多く、毛布を2枚お借りして凌ぎました。その一方、日中37度にも達する日があったり、寒暖の差は予想以上でした。それに体が対応しきれず、少々体調を崩してしまうこともありました。しかし、仲間たちの気遣いのおかげで重症化することもなく、職務を全うすることができました。
人が良いのは、北海道の特性なのかそれともこの農園の人たちが特になのか。わかりませんが、園長はじめ、農園で働いている園長の親戚の方々皆さん、すんなりと人を受け入れてくれて、ほんわかした雰囲気のなか働くことができました。都会の殺伐とした環境ですれてしまった人などは、こちらの農園で働かせてもらうと、すごく良い心のリハビリになると思います。

  • 女性(24歳)
  • 2017/7/7〜7/31
  • 農園-piit【北海道】

農園-piitでは、私は主にゆでとうきびの販売をしました。接客の仕事は初めてで右も左も分からない私に、やり方だけではなく心持ちまで教えてくださいました。
ある程度仕事を覚えたら任せてもらえることが増え、自分で考えたことをやってみたりなど工夫をして、楽しく仕事をすることができました。

お店が始まる時間まではキャベツやレタス、玉ねぎの収穫などをさせていただきました。お店と畑の両方に携われて、充実した毎日でした。

お昼ご飯は手作りの美味しいお弁当を作ってくださったり、北海道や村の美味しいものを買ってきてくださったりと、お昼の時間が楽しみでした。手作りの肉じゃがは絶品です。

仕事が終わったあとにみんなでBBQをしたり、村のお祭りに参加したり、車で観光に連れて行ってもらったり、仕事以外の時間も楽しく過ごしました。
農園の方たちは親切で、アットホームな雰囲気なのですぐに馴染むことができました。そのおかげか、特別なことはしていないのにボラバイト仲間とも自然にとても仲良くなれて、それぞれが地元に帰ってしまうときは寂しかったです。

農園-piitで経験したことや学んだことを、今後も活かしていきたいと思います。
機会があればまた来たいです。ありがとうございました。

  • 女性(20歳)
  • 2016/7/30〜8/13
  • 農園-piit【北海道】

初めてのボラバイトで、全く想像もつかない状態で非常に不安でしたが、終わった今、応募して良かったと強く思っています。

明確に農業の仕事に就きたいという願望などがあった訳ではなかったのですが、ここで働いてみて「食」そして「食物」は生きる上ですべての人が欠かすことのできない大切なものであり、そこには農家の人々のたくさんの努力が詰まっていることを知りました。自分が家でとうもろこし1本食べるにしても、種をまき、育て、収穫し、出荷して、販売して・・・とあらゆる過程に「人」が携わり、私の口の中に入るんだなと思いました。

また、仕事終わりに園長が北海道の壮大な畑や温泉などに連れて行ってくださったこともすごく良い思い出になりました。一緒に働かせていただいた皆さんと出会えたことで、自分が見ている世界の小ささ、視野の狭さを感じました。もっと自分から動いて思い切ってやってみることの面白さを知りました。良いも悪いも、人生もすべては自分の選択で他人の評価を考えるよりも自分がどうしたいか、どうなりたいかを考えて行動することで自分を創っていけるのだと感じました。

貴重な経験をありがとうございました。

  • 女性(46歳)
  • 2015/7/22頃〜2、3週間
  • 農園-piit【北海道】

長年溜まってしまった夏休みを利用してお邪魔しました。
北海道は山歩きで何度も訪れていましたし、その中でも十勝は好きな町で、中札内の道の駅は利用したことがあったので、ここならと思い決めました。
夏休みの時期でしたので、学生さんと一緒の住み込み生活は年齢的にどうなのかと正直申し込んだものの決めるまでにはかなり迷いました。
ですが、電話でお話しした園長さんの人柄に、やってみようと気持ちが決まりお世話になることにしました。

東京で少しだけ米作りを手伝っています。里山での土いじりでしたので、十勝の様な大規模農業を経験したいと思っていましたが、実際行ってみると、とうきびの収穫+販売というお仕事でした。最初は売り子もするという内容に戸惑いましたが、収穫したとうきびの皮を剥き、自ら茹でて販売まで行うという一連の作業を通して、生産者にとって消費者の顔を直に見ることがどれ程大切であるかという事を改めて学ぶことが出来ました。
自分が収穫したものを美味しく食べてほしいという気持ち。美味しいと言ってくれる方々の笑顔を見ることがこれほど励みになるとは・・・。25年も働いてきて、改めて働くということの意味と価値を見つめなおすことが出来ました。
そして、自分の母親と同年代の「かあさん」(バイト先のお母さん)が、とうきびの入ったコンテナを運び、真夏日の中働く姿に、とても多くの事を学ぶことが出来ました。
「かあさん」のお昼ご飯とても美味しかったです。ありがとうございました。

園長も、「かあさん」も、道の駅の方々も、中札内のお客さんも、本当に皆さんよい方で、あの土地で働けて本当によかったと、東京に戻り心から思います。
皆さま、ありがとうございました。

  • 女性(26歳)
  • 2014/7/8〜8/7
  • 農園-piit【北海道】

夏の約1ヶ月間、農園-piitさんでお世話になりました。応募したきっかけは「北海道の大自然の中で農業してみたいな〜」という軽い気持ちからでしたが、ここでかけがえのない時間を過ごさせてもらえたと思います。

最初に帯広へ来た時、地平線に広がる日高山脈と緑や茶色の畑作地帯の景色にはあっとうされました!!(余談ですが、その景色がキレイすぎて、私は体力の許す限り毎朝散歩しました☆)そしてそこで迎えて下さった、いつも笑顔で楽しいことが大好きな園長、お花のお世話もボラバイトのお世話も惜しみなくして下さるお母さん、隣にいるだけで癒されるおばさん…

本当に素敵な方たちに囲まれて毎日楽しく暮らすことができました。仕事は主にとうきび販売でしたが、他にも様々な農作物の収穫もさせてもらい、汗をかいて一生懸命作業することも楽しかったです。

他にも様々な農作物の収穫もさせてもらい、汗をかいて一生懸命作業することも楽しかったです。また、他のボラバイト仲間と畑で採れた新鮮な野菜でご飯をつくったり、夜までワイワイおしゃべりしたり、学生時代青春の1ページみたいでそれも本当に楽しかったです。

この農園-piitさんには人を笑顔にするために全力になってくださる人たちがいるので、応募しようか悩んでいる方がいたら、是非勇気を出してチャレンジしてみてください!!きっと勇気を出した分以上に得られるものがたくさんある場所だと思いますよ!!

  • 男性(26歳)
  • 2013/7/19〜8/9
  • 農園-piit【北海道】

私のボラバイト初体験の場所がここでした。
応募する前の段階で特にこれといってしたい仕事があったわけでもなく、作業をして体を動かしたいと思い(体験談を見つつ)ここ農園-piitで働こうと決めました。

実際に現地で働く方と会って感じたことは、皆雰囲気が柔らかいということ。だから居心地もいい。園長は明るくてパワフル。仕事を教わる際も丁寧に教えていただき、なるほど納得することが多々ありました。農園で働く間、自分が知らないことは本当にたくさんあると何度も痛感しました。また、お母さんもおおらかな方で、私はお花のことや世間話などのおしゃべりをすることが楽しみでした。お母さんの調理した煮物を食べながらふるさとを思い出し、やはり自分は日本人だなあと感じたり。一緒に働いたボラバイトメンバーは皆さんとても優しく、各々にカラーがありそれもまた面白かったです。

仕事の内容としては農園に関する仕事全般(草取り、収穫、植え付け補助等)と、収穫したとうきびを道の駅で店頭販売する接客の仕事でした。農園での汗まみれになりながらの作業は体力的にしんどいときもありますが、無心になって没頭するのはとても気持ちがよいものでした。接客の経験は乏しかったのですが、お客さんとのやりとりやおしゃべりを楽しめるようになったと思います。
あと、生活する場所ですが、私の場合は一軒家での共同生活(個室あり)でした。基本的に自炊ですので料理の腕前も多少?上がります。スーパーやコンビニも近くにあるので困ることはありません。夜な夜な皆でリビングに集まり色々なことについて話すことが楽しく、私の思い出に残っています。

今回のボラバイトを通して、楽しかった・勉強になった・感動した…たくさん感じたことはありますが一番は(ベタですが)人との出会いです。自分とは全く異なる考えや思いに触れることが出来た経験は私にとってあまりにも大きかったです。
「北海道」と聞くと真っ先に思い浮かぶ、自分にとってそんな場所になりました。

  • 女性(25歳)
  • 2013/4/15〜6/30
  • 農園-piit【北海道】

自然が好き、動物が好き、自然の中でのびのび仕事がしたい!という思いから始めたボラバイト。その楽しさを知ってから、気がつけばもう5度目のボラバイトです。北海道にボラバイトで来るのは2回目。前回は牧場で、今回は農園です。
太陽が照ってる時のハウスはめちゃくちゃ暑い!北海道といえども、ハウスの中は別です。朝・晩はやはりとても寒くて、冷え性の私は6月でも暖房つけてました。そして昼間は30度まで上がったりします。色んな意味で大忙しです。
ハウスのいちごたちはとてもかわいくて、ぴかぴか真っ赤ないちごがたくさんなってるのを見るとうれしくてにやけます。いちごもですが、アスパラやとうきびの成長を毎日見ていると、本当にわが子のように愛しく感じてしまうものなんですね。生で食べるアスパラ、梨みたいでびっくり。
仕事しながら見る日高山脈、晴れた日は笑っちゃうぐらいきれい。そして、大阪では耳がばくはつしそうなぐらいうるさくて暑苦しいせみの音、こっちではものすごく心地よくて涼やかに聞こえるのはなぜ?
そして大好きな接客、たくさんの人たちとお話しできて、やっぱり接客が好きなんだと再確認。
お母さんの作る豚汁は世界一おいしいし、お母さんが育てたお花はかわいくてきれいで、まるで良いとこのお嬢さんみたい。おばさんはいつもにこにこ少女のようにかわいくって、こっちまでつられてにこにこ。園長は優しくて、そしてめちゃくちゃおもしろい。
それにここへ来る人たちはみんな濃くて、なんかいろいろすごい人達ばかりです。話聞いてるだけで楽しいです。ここには笑顔のもとが、たくさんあふれているので、いっつも笑ってました。北海道の大自然に、ピータン農園の人達、とても居心地が良くて、毎日本当に楽しかった!

その土地ごとに得られるものはたくさんあります。どのボラバイト先を選んだとしても、きっと良い経験になるし、刺激になります。日本の素晴らしさや人のあたたかさに触れられます。いつも周りにいてくれた人達の大切さに気付けます。少しだけ自分に自信が持てます。私はボラバイトでたくさんの事を学びました。ボラバイトのすばらしさをもっとたくさんの人に体験してもらいたいです。

  • 女性(28歳)
  • 2012/6/15〜7/29
  • 農園-piit【北海道】

農園-piitでは、最初2週間の予定がどんどん延びて一ヶ月と半月程いることになりました。ここにいる間は、いろんな事に挑戦させてもらえたので、心に残る思い出をたくさん作れました。

仕事に関しては、いろいろやらせてもらえた中でも、主にいちごの管理と受付でした。いちごの管理は、毎日発生する腐った苺や枯れた葉っぱを取り除いていく仕事なのですが、苺の位置が足元の地面にあるわけではなく、胸あたりにあるのでしゃがまなくてもすみ、農作業がはじめての私でも慣れるのがあっという間でした。

場所に関しては、太鼓判を押すほど、農園−piitは恵まれていると思います。周りには、北海道の壮大な田園地帯や間近に日高山脈が脈々と連なっているので、仕事の合間に見る幻想的な夕日は特に最高でした。お気に入りは、近くにある図書館です。ここは2週間以上滞在すれば本も借りられ、話題になった邦画・洋画などのDVDも見られ、休みの日などは一日中入られるくらい居心地がよかったです。
自転車やスクーターも貸してもらえるので、頑張って休日は自転車で帯広駅まで遊びに行ってました。小麦の産地でもあるので、ケーキやパン類がおいしい上に値段が都会の半分くらいなので安く、世界でも珍しいモール温泉もあり、ばんえい競馬場や動物園まであるので、計画を立てながら進まないと回りきれない程、見所満載な土地柄でしたよ。

そして、なによりここでの名物といったら、園長の存在でしょうか?園長の人柄は、以前働きに来た人も遊びに来たり、また働きに来たりと、とても頼りになる、よく笑っている兄貴分な方です。私もしょっちゅう失敗から来る迷惑なことをしてましたけれど、寛容に対処をしてくれましたよ。はじめてで不安な方も、ここなら大丈夫だと思います。