体験談一覧

すべての体験談を見る

  • 男性(30歳)
  • 2017/11/20〜12/19
  • 農園-imk【鹿児島県】

島での生活は最高でした。大きな空ときれいな海が心を癒してくれます。家からすぐ近くの海に仕事終わりに夕日を見に行ったり、夜には街中では見ることのできない澄んだ星空が迎えてくれます。温かく話しかけてくれる島の人、なぜか毎日15時に島全体に流れるラジオ体操など、ローカルな雰囲気を満喫できます。

仕事は農業なので多少は体への負担はありますが慣れれば問題ないですし、きれいな菊の花を扱う作業は時に心が和みます。休憩時間に飲むコーヒーと島の景色が疲れを癒してくれます。お昼休みに仕事場近くの海で泳いだこともありました。11月下旬に海に入ったのは初めてです。
仕事を通じて農業が地道な作業の上に成り立っていることを体感し、農作物へのありがたみと農業のおもしろさを知ることができました。

休みの日にはオーナーさんが鍾乳洞や島の観光に連れていってくれました。色々と気を利かせてくれるオーナーさんです。また地元の人の飲み会に参加させてもらい、島の習慣や暮らしについて色々と話を聞くことができました。滞在していた1ヶ月で島の生活の一端に触れることができ、良い経験になりました。
シェアハウスで他のボラバイターと色々な話ができたことも良かったです。大学生から同年代、主婦の方まで様々な背景を持った人たちと関われたことはすごく良い刺激になりました。

僕を含めて来ていたボラバイターの多くが初めてのボラバイトでしたが、来てみて得られるものは大きかったなぁと個人的には感じています。応募を迷われている方は、ぜひ一度候補に加えてみてください。

  • 女性(27歳)
  • 2017/7/18〜10/1
  • 農園-iwa【群馬県】

先に一つ言います、ここに過ごせたのは今までの人生最高の夏だった!

外国人の私はワーキングホリデービサで日本に来て、日本のアニメとゲームの影響でずっと日本の田舎生活を憧れて、そしたらこのボラバイトと言うサイト見つかった。一杯の野菜作れるし、宿泊、食事、給料、休みの時は車まで提供してくれるの農園-iwaを選んで、”きっとここならいい人生体験できるじゃないかなー”と思いながらここに行くと決めた。

初日駅に着いたらすぐ子供たちと出迎えされました、農業は人生初めてだから何も知らないままこんなすごいところに行った時はすごい感動しました!何も知らないの私に野菜作り方を丁寧に教えてくれた、しかもバイトの皆さんは私の想像よりずっと若かったので、最初の緊張感はすぐ無くして、体の筋肉は最初痛かったけど、でもすごい楽しくて、2週ぐらいはもう慣れ始めて、毎日の仕事後のご飯とお酒、たまにの温泉もすごい楽しかった!

バイト先の嫁さんとお母さんが作ってくれたのご飯はいつも美味しかった!自分で育てたの野菜を食べて、”このキャベツ、最初は小さいかったなぁ、いつの間にかもうこんなにでかくなったね”と思いつず、美味しく食べました!私も休みの時はご飯作りを手伝ったり、自分の国の料理を作って皆に食べさせったり、女の子のバイトさんと一緒にデサートを作ったりした、とても青春が感じれました!
それとバイトの皆さんと毎日仕事、ご飯も一緒だから、バイト先の家族もご飯一緒だから、皆のこと私はもう家族だっと思いました、”あ、これだ!私はずっと探したの欲しいの生活はこんな感じだよ!”本当にここで私にとって人生のとても大切の思い出をくれたの皆さんにありがとうございますた!

都会っ子の私にとって、最初はこんな生活はちゃんとできるかどうか心配したけど、でも最後は帰りたくなっちゃったんだ!XD
今後は野菜を食べる時、”これを作ったの農園さんたちお疲れ様です!”、ずっと感謝と尊敬の気持ちで美味しく食べるでしょ(笑)

ここの思い出、出会いも一生忘れない、もし今後はまだ機会があればまたここに行きたいっと思います!

Thanks for everything that I had been here with all my heart, looking forward to see all of you guys someday in somewhere!

  • 女性(31歳)
  • 2017/6/20〜6/29
  • 農家-yomc【長野県】

 農家でお仕事がしてみたいと思い、5日間から体験できるで農家-yomcで働かせて頂きました。なんといっても決め手は、「しめじ」。私はきのこが大好きなので、きのこの生産にも携われますし、あわよくば毎日しめじが食べられるのではないかという邪念もあり(笑)応募しました。

【仕事のスケジュール】
8:00 しめじ工場へ出社
・機械から送られてくる、1ケース16本入りのしめじの菌入りビンを、順に積み上げていく。
・刈り取られたしめじの空きビンを二輪車で運ぶ。
(この二輪車を使うことが非常に難しく、苦労しました。)
・新しいしめじビンを各部屋に運び、棚に入れていく。その後はシートをかけて、乾燥を防ぐ。
(2m以上ある棚にも入れる必要がある。柵に足を掛けて不安定そうな中、1人がケースを持ち上げ、足を掛けたもう1人がそれを受け取り棚に入れていく。私は怖くて出来ませんでした。。)
・掃除

10:15~10:30 お茶休憩
(だいたいこの時間帯におやつを頂きましたが、1日だけ忙しい日があり休憩なしの時もありました。)

10:30 枝豆畑にて農作業
12:00 お昼休憩
13:00 枝豆畑にて農作業
・枝豆の若葉を鳩に食べられないように、寒冷紗を敷く・外す。
・鍬入れ、雑草取り等。
・長野といえども、暑いので水分補給は細めにとりました。15:00休憩あり。
17:00〜18:00 終了

 正直、体力的にきつい作業もありましたが、その分農家さんの凄さと苦労を直に感じることができ、野菜やきのこを見る目が変わりました。また、体力もつきました!
 初日は何をするにも遅く、不慣れなことばかりだったので悔しく感じていました。周りからは、「慣れた頃に終わるんだろうね。」と仰っていましたが本当にその通りになりました。これも、周りの方々のサポートがあってこそだったように思います。この場を借りて、本当にお世話になりました。ありがとうございました。
 しめじとベビーコーン、とても美味しかったです。舞台裏を知っていると、やはり美味さも違いますね。

  • 女性(25歳)
  • 2017/4/4〜5/26
  • 農産-hma【岡山県】

また台湾人です。(笑)
農を学ぶために日本に来ました。農産-hmaで二ヶ月ボラバイトしました。体が疲れて、心が充実した日々を過ごしました。

4−5月の作業メインはトマトとスナップ豌豆の世話で、時々ぶどうと白菜の作業を手伝いました。一番基礎の観察、収穫、袋詰めから始めました。スタッフさんたちは優しくて丁寧にやり方を説明してくれて、ほんとにありがとうございました。毎日段取りが決まって、みんな一生懸命に取り組んで、作物の状況について意見を交わして、良いチームだと思ってました。体験だけでなく、施肥と植物の生長の原理ももっと深く理解して来ました。できる限り農薬は使わない栽培方法、作業予定と段取りのアレンジ…働きながら考えて、いろいろ勉強になりました。

そして、社長の名言「農業はいい加減はだめ!キッチリして!」今でも印象深い!職人の一生懸命さとこだわりを感じて、すごく感動しました。やり方を間違ったときにめっちゃ緊張しましたけど、ほんとにいっぱい身近に体得しました。

ボラバイト期間中、ほかのボラバイターさんと出会って、いろんな話を話し合って、楽しかったです。日本語はまだまだでしたから、質問のリアクションが遅かったです。もし迷惑をかけたらほんとにすみません!でも、皆さんのおかげで、会話がどんどんうまくなってきて、ほんとにありがたいです。

寮と食事は良かったです。毎晩ちゃんと休めてました。奥さんの料理は美味しかった!職人の研究心が入ってた料理でした。(笑)いろいろお世話になりました!農産-hmaで社長さん、奥さん、おばあちゃん、スタッフさんたちと出会って良かった。忘れられない思い出しです。

  • 女性(24歳)
  • 2015/9〜10末
  • 農園-iwa【群馬県】

北軽井沢で高原野菜の収穫

農業&ボラバイト未経験だった私。
とにかく不安だったので
実家から比較的近い所(帰りたくなったらすぐ帰れそう)、
若手の農家さん(嫌になったら相談しやすそう)、
というなんとも逃げ腰な動機で笑
約2ヶ月、農園-iwaさんでお世話になりました。

こんな私が農業の手伝いをやりきれるのか、、、
結果、大成功!!でした。
あたたかいご家族に美味しいご飯、
美味しい野菜を使った美味しいご飯(本当に美味しいので
もう一度言います)、そして他のボラバイター達との出会い。
最高に楽しい2ヶ月間でした。
こんな経験をさせてくれた皆さん、本当にありがとう!

ただ、仕事は『かなり辛い』!!
水浴びでもしてきたの?ってくらい汗だくになりながら、
男女関係無くガッツリ働き、常に筋肉痛とお友達。笑
特に広ーい畑で手作業で行う除草は本当に辛くて、
綺麗事だけでは農業は出来ない事を思い知らされました。

それでも、また農園-iwaに行きたい!
と思える一番の理由は、ボラバイター達の個性や
キャラクターを認めてくれる、i家の懐の深さです。
色んな人がいて、それで良い。でも、やる時はやろう。
そんな空気のある場所です。

私はボラバイト終了後、iさんから言われた
「じゃあ、人生楽しんで」という言葉が忘れられません。
働くって何だろう?人生を楽しむって、どういう事だろう?
そんな事を考えながら、私はまた別の場所で、
自分の畑を耕しています。